口下手な人は考えすぎ!面白い話が出来なくても、思ったことを適当に話していると女性は笑ってくれることが多い

いざ可愛い女の子とデートをする時、無口になってしまって、「この人といてもつまんない」と思われてフられてしまう人はいないでしょうか。

僕が17歳~20歳ぐらいの時はそんな感じでした。

口下手な人と口上手な人には必ず一つの共通点があります。

それは口下手な人は緊張してして話せなくなるということです。

それは人を恐れているから緊張するのです。

嫌われないだろうかとか、何を話せばいいのだろうとかネガティブなイメージをたくさん抱えていると、何も喋れなくなります。

それは自分に自信が無い証拠でもあります。

根拠の無い自信が必要です。

「俺はイケてる。

俺は面白いことを言える。

あの子は俺に惚れてる」などといった自信こそが、口が上手になる基本だったりもします。

どうぞ自信を持ってください。

話すことなんて適当で良いのです。

面白い話が出来なくても、思ったことを適当に話していると女性は笑ってくれることが多いです。

緊張せずに、肩の力を抜いてリラックスしてください。

あまり真面目に考えないでください。

少しぐらい軽い男の方が、女性も気が楽になります。

話すことなんてなんでもいいんです。

二言三言ぐらいで会話が終わってしまっても気にせずに、なんでも会話しましょう。

女性は会話をしたいと思っている人が多いと思います。

そして、聞き上手というのもかなり上手ですね。

話を何かフってみて、その話をどれだけつまらなくても真剣に親身に聞いてくれて、その話をいつも肯定してあげるのが大事ですね。

女性は会話の中で「こんな困ったことがあって」という話をする時があります。

そんな時、男性は解決策を話そうとしますが、女性はそんなことは求めていません。

女性はただ「聞いて欲しいだけなんです」
だから「そうなんだ。

そんなことがあったんだね。

酷いね。

辛かったね」
そう言って欲しいんです。

同調して欲しいんですね。

同調してあげてください。

肯定してあげてください。

否定は決してしてあげないでください。

それも立派な愛です。

肩の力を抜いて、リラックスして、なんでも良いから会話をする。

そして同調する。

とても大事なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です