レンタルビデオ屋で一人で映画を選んでいる女性にさりげなく話かけるナンパ方法

「ネットで出会う」というのは今では結構普通になってきました。

僕が19歳の頃は、スタービーチという出会い系の掲示板が入れ食い状態でした。

今では出会い系の掲示板なんてものはほとんどが業者によるサクラの巣窟となっていますが、最初の方はサクラなんて全くいなかったのです。

そして次にはチャットによるオフ会が主流となったでしょうか。

それからネットゲームでの出会い等、出会いの幅は広がっていきました。

ミクシィが出た当初もそんな感じでした。

今ではミクシィで出会うのは難しいかもしれません。

Facebookもネカマを使った業者で溢れかえっています。

大抵は新しい物が出た当初は狙い目といった感じがします。

しばらくすると業者やたくさんの出会い系目的の人が溢れてくるので難しくなります。

ネットも誰でも出来る時代となってしまったので、出会いを目的とした男性陣で溢れかえっているので、女性は選び放題ですが、男性は難しくなりました。

そんな今だからこそ、ネットよりも街に出て出会う方が簡単になっています。

というのも「ナンパ」というのは勇気がいるので誰もしようとしません。

特に日本人はナンパは苦手な分野です。

だからこそ文字だけのネットでは強気になれるのです。

イタリア人などは何処でもナンパをするそうです。

ベンチに一人で腰かけている女性の横に座って普通に話しかけたりするとか。

その様に、気になる女性が街に、あるいはいつもの常連の店先にいるならば、ナンパをするほうが女性は新鮮味があって良いのです。

例えば、いつも行く近くのコンビニの女性に話かけて仲良くなり、そっと連絡先を書いた紙を手渡すとか。

レンタルビデオ屋で一人で映画を選んでいる女性にさりげなく話かけるとか。

街中で一人で暇そうにしている女性に声を掛けるとか。

こちらの方が女性はときめくのではないかと思います。

ネットに流れていった今だからこそ、勇気を出して「ナンパ」をすることこそが、最も近道と言って良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です